マーケティングでしかモノを見ていない人


お店を経営するのに

マーケティングは大切だと思います。

私も勉強しています。


私のミッションは「整体でヒトに貢献する」こと


嘘偽りのない技術を追求して「世間」に

出していく


そこにこそ自分の存在価値があると思ってます。


整体を通して身体が喜ぶ感動を共有したい!


これが私のモチベーションです。


歌い手が


一音一音・・


一言一言・・


魂を込めてウタを紡ぐように


一手 一手・・


魂のこもった施術をつづけたい


先日・・・


経営、マーケティングのセミナーを

受講している友人が来てくれました。


身体の状態を見て聞いて


精一杯施術させていただきました。


整体が終了して


彼が話した・・・


「もっとリピートをとれるトークを考えた方がいい」


「施術時間を短縮して数をこなせば売上が上がる」


・・・・・


すべて彼の言う通りです。


でも・・


彼は何をしにきたのだろうか?



経営の指南をしてほしいと言った覚えもない。


身体が辛いと言ってきたはず。


彼なりの親切だったのだと思うけど


もっと自分の身体にむきあってほしい


何をしていても


マーケティングのことを考えてしまうのは


ある意味大変な人生なんだと思う・・・


自分の身体のケアをしている最中でも


それを忘れるほどの施術ができない

自分に腹が立つ


何かが違う気がする・・


でも経営がうまくなければ


いけない現実も確か


整体師として生き続けるかぎり


悩み続ける命題だ・・・


勢いで書いたブログでした。


彼に感謝しています。








閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

久しぶりに動画で見てもグイグイ引き込まれる 何故? 本物感! 整体も本物でなければならない! 本物だから感動する。 本物だから感情が動く。 感情が動くと 身体も変わる 本物でありたいと 切に 思う 整体という表現をとおして 感動を共有できたら 幸せだ・・・ 今日はそんなことを感じました。

最近よく「たった○○分で」とか「一回触っただけで」とか 果ては「指をパチンとはじいただけで」治ると宣伝してきます。 私の敬愛する整体の先生はこの現象を「マジックショー」とわらってましたが もう、マジックショーを通り越して「おまじない」の類になっているのではないでしょうか? もちろん、その施術で結果を出せている方はいらっしゃるので技術自体を否定はしません。 問題なのは、マーケティングありきで、まるで